女性看護師が抱える悩みは結婚関係が多い?

病院で毎日忙しく働いてやりがいや達成感を味わっている方も多いと耳にします。
そんな女性看護師ですが、ある悩みを抱えているそうです。その悩みは結婚に関するもので、結婚をきっかけに退職するのかそのまま勤め続けるのか、という悩みです。結婚を機会に退職する看護師も多いです。しかし、仕事を続けていきながら家庭も大事にしていきたいと考えている女性も多いようです。毎日忙しい仕事なので家庭と両立させることは厳しいと言えます。結婚して退職してしまっても、再び働きたいとなった場合ブランクを作ってしまう事になって、転職する際不利になってしまう場合も。また、すれ違いなどが多くなり離婚率が高くなっているという特徴も。結婚してもうまくいかないのであれば離婚してしまった方が良い、と考える方もいるのです。それは、専門職ですし給与も充分あるので我慢するまでもない、と考えているからだそうです。


看護師が転職する際にはパートナーに相談

結婚をしてそのまま仕事も続けていきたいと考えているのであれば、パートナーに相談すべきです。
すれ違いなどが原因で離婚してしまっては面倒なことも多いので、きちんと話し合うのが良いです。結婚する前に話し合うのが望ましいですが、それが難しいのであれば結婚後の話し合いでも構いません。男性と女性は考え方が違いますので、お互いどのように考えているのかきちんと話し合って今後について決めることが重要。その話し合いの結果分かりあう事が出来ない場合は、離婚するしかありません。自分一人で決めてしまうのは良くないので、必ずパートナーに話を持ちだけして確認しましょう。


結婚を視野に入れて転職する人も?

実際に結婚している方や婚約をしている方は、パートナーと話し合うべきだと話しました。
20代後半を迎える女性看護師は、結婚を意識して転職を検討する方も出ているようです。結婚しても無理なく仕事を続けることのできる職場を見つけたいと考えているようです。確かに、無理なく働くことが出来るのなら家庭との両立もしやすくなります。そこで看護師求人サイトを用いて転職先を探す女性看護師もいます。最も求人が集中しているのは東京・大阪・名古屋などです。やはり都市の中心部の方が求人も多くなっています。夜勤がない職場・残業が少ない職場を中心に探して両立を目指す方も見られます。結婚を視野に入れて転職するのは良いですが、思い立ったらすぐ行動というのは避けた方が良いですね!