大阪で働いている看護師に聞いたメリットとは?

日本で首都東京に次ぐ大都市といえば大阪です。
人口も多い大阪にはもちろん多くの看護師の方が働いています。
そこで、今回は西の都大阪で働く看護師の方に聞いた、大阪の病院で働いていてよかったメリットについてご紹介。
東京ではなくて大阪、福岡でもなくやっぱり大阪。
大阪に勤めている人たちには強い大阪愛を感じるのでした。


病院内が明るい雰囲気だからストレスがなくていい!

まず、みんなが口を揃えて言うのが病院内の雰囲気が明るいということです。
特に県外から大阪にやってきたという看護師は、和気あいあいと働く大阪の人たちに親しみを感じているそうです。
確かに、病院というのはずっと閉鎖された空間で働き続けるので、対人関係などでどんどんストレスを溜めていきがちです。
そんな状態に比べれば、ストレスの少ない環境で働けるというのは大きなメリットといえるでしょう。
もちろん、患者さまに対応している時は皆さん真剣ムードに切り替えますので、患者さまの方はぜひともご安心いただければと思います。


遊びざかりの看護師たちは夜な夜な大都会大阪へ!

若い看護師の方たちの多くが挙げたのが、朝まで遊べる都会の街にすぐ行くことが出来るということでした。
確かに、大阪というのはいくつも遊べるスポットがあるので、遊び盛りの20代の看護師には理想の環境といえるかもしれません。
しかし、看護師という仕事だけでもかなりの激務なのに、仕事が終わってから遊びに行くなんて…。
やはり、これも大阪という街の楽しい雰囲気がそうさせるのでしょうか。
とにかく、まだまだ若いのだからたくさん遊びたい!という方にも、大阪で働くというのは理想的なのではないでしょうか。

上記のように、大阪の看護師の多くは楽しみながら働いているということが分かります。
それ以外にも、たこ焼きやお好み焼きなど安くて美味しいといったことや、お笑い芸人によく会えるといったメリットもあるようですが、個人的には多くの看護師求人があるというも大きなメリットなのではないでしょうか。
そのため、なかなか地元で新しい病院を見つけることが出来ないと悩んでいる方は、心機一転大阪の土地で求人をチェックしてみてはいかがでしょうか!